エヴァタック UVオフ

エヴァタック UVオフ オフセット 製品情報

技術・製品内容

エヴァタック UVオフは、POPやステッカーの大量印刷を目的とした「糊残りしない強粘着耐水紙」です。 エヴァタック UVオフの粘着はガラス面、鏡、金属、大理石、PP素材や車両等の平滑面に最適です。 特にガラス面に貼り物をしたが、「糊残りで困っている」「結露や雨風で剥がれてしまう」等のお声やご要望により開発致しました。 この商品の開発によりラベル業界にも用途が広がり「糊残りしない」「耐水」「食品衛生法」等をキーワードにコンビニやスーパーの 冷凍保存製品や温蔵保存製品、冷蔵・温蔵ケース、ゲームセンター、書籍店、外食・中食チェーン店のPOP、ステッカー用途に 「新商品が発売される」、「メニュー変更」「機種変更」がある度、頻繁に貼り替えを行っている場所(企業)や子供向け玩具等に最適です。

特長

  1. 粘着力
    粘着面は糊ではなく特殊樹脂を使用していますので、結露(水滴)により糊が溶け出し剥がれてしまう心配はありません。 しっかりと貼り付き剥離の際には剥がし痕が残らない事が特長となります。 また、-20℃~80℃の環境下でも安心して使える粘着です。
  2. 粘着樹脂
    食品衛生法の適格基準に適合した無害な特殊樹脂を使用していますので、安心・安全にご利用頂けます。
  3. 耐水性
    従来のように基材保護の為にラミネートを施し両面テープで貼る必要はありません。
  4. 耐擦過性
    UVオフセット用に開発しましたので、インキの定着は良好です。
  5. 環境
    RoHS2指令に準拠しています。

粘着試験結果(平均剥離強さ)

被着体 試料 単位 80℃
100h
剥離形態 -20℃
720h
剥離形態 63℃耐候性
264h
剥離形態
ガラス板 白光沢 N/24mm 3.24 良好 1.54 良好 2.59 良好
自動車ボディー 白光沢 N/24mm 7.63 良好 5.25 良好 7.65 良好
  • 良好=被着体を傷つけることなく、きれいに剥がせた状態(第三者機関調べ)

本製品の優位性

  1. 既存商品の殆どは、一定期間経つと糊残りする商品が多いようです。 弊社商品は粘着層と一体化しているので、基材が劣化しない限り糊残りしません。 また糊では困難な-20℃の環境下でも剥がれません。
  2. 弊社商品は基材の強度を高め大きな印刷物を剥がす場合でも基材破壊が起こらない設計にしています。
  3. レーザープリンターでは出力できない大きなサイズの印刷物を剥がす場合でも基材破壊が起こらないよう基材の強度を高めています。 また、数回程度の貼り剥し(貼り直し)を想定し、基材を特殊な構造にして剥がす際のジッピングの軽減を実現しました。

用途

●外食・中食・POPやバックヤード内
●ゲームセンター、ガソリンスタンド
●コンビニエンスストア、スーパー
 (冷凍・冷蔵・温蔵庫etc)
●量販店 (家電製品etc)
●営業車、車両広告

 

仕様

  • 粘着面はガラス・鏡・金属・車(側面)タイル・大理石やPP素材などの平滑面に最適。
  • 下記仕様以外のサイズ及び納期に関してはお問い合わせください。
商品名 仕様
菊半裁グロス 基材:PET総厚170μ  剥離紙:PET白50μ
【使用上のご注意】
  1. 施工後1~2日目後から粘着力が最大になり剥離するまでその力が持続されます。
    施工する際には設置面の汚れや水滴を拭き取ってから貼ってください。汚れやワックス、水滴等で粘着効果が損なわれます。
  2. 施工または剥離作業をする際は被着体の温度を常温の状態にしてください。 低温・高温の時に作業してしまうと粘着層に異常をきたす場合や貼り付けできない事があります。
    特に、車両等の場合には屋内または日陰で作業しまた剥離の際には被着体によって強力に貼り付く場合があるため、 ゆっくり剥がしてください。(勢いよく剥がすと当シートが裂ける場合があります。)
  3. 下記の材質には貼らないでください。可塑剤等に反応し剥離できなくなったり、剥し痕が残る場合があります。
    材質の物性がご不明な場合は事前にテストして頂くことをお勧めします。
    ■塩化ビニール(PVC) ■ポリカーボネイト製品(PC) ■軟質ビニール製品(SV) ■粉体塗装面
    ■有機溶剤 ■アクリルボード(押出製造されたもの) ■蝋、グリースなどの油脂コーティング
  4. サビ、キズ、経年劣化のあるところには貼らないでください。強力に貼り付く為剥す際に表面の塗料等を剥してしまう場合がありますので必ず施工前にご確認ください。
  5. 適した保存環境下で保存いただかない場合、変色する場合や本来専用紙が持っている性能を十分に発揮させることができないことがありますので、高温多湿、直射日光を避けて暗所に保存するようにしてくだい。
  6. 万が一不測の事態が生じた場合、弊社は一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。